ティニーブログ

子供二人を育てる中で役に立てることが書けたらと思っています

夫がコロナになった一家の話。感染から療養期間終了までの流れや、家族の症状を聞いてきた。

 

 

夫がコロナになった友達に、なぜコロナだと気づいたのか、気づいた後どんな流れなのか、症状など気になったことを聞いてみました。他の人の役にたつかもしれないので、とブログに載せることも了承してくれました。

 

 

 

 

コロナ発覚からの流れ

初日

旦那さんが少しだるさを感じながら会社に出勤。

コロナがはやっているので念のためと思い熱を測ると37.5度の熱があり、上司に検査しろと言われ、自費で検査してくれるクリニックで検査をした。唾液を10回くらいペッとしてためて検査をするそうです。そのクリニックは検査後、3時間以上後に結果がメールで送られるシステムなのでそのまま帰宅。

結果のメールが届き、陽性。

夜遅かったからか保健所からは何も連絡なし。

 

普段は家族全員同じ部屋で寝ていたが、この日から隔離できるよう布団を別の部屋にして、極力出てこないようにしてもらった。

 

家で一緒に過ごしている人がコロナだとわかると、奥さんものどが痛くなってきたそう。

 

 

 

2日目

家族全員が濃厚接触者だと自覚し、旦那さんを隔離しながらも家族も外に出ないようにした。

でも子供がまだ小さく目を離したすきにパパの部屋をのぞいたりしてしまって完全に隔離はむずかしいとのこと。

 

旦那さんが、熱、咳、倦怠感の症状があるので医師から電話があり、保健所からの連絡を待つようにと電話で言われる。(昼過ぎごろ)

その後、保健所から電話があり1週間前からの濃厚接触者を聞かれたり、症状、同居している人はいるかなど聞かれる。これから保健所が毎日電話をかけてきて体温や体調を聞かれるとのこと。

2日後に療養ホテルに入れる。それまでは家で隔離するようにと。そして一度ホテルに行くと療養期間が終わるまではホテルから出ることは出来ないと伝えられる。

 

  

 

3日目

濃厚接触者のため家族が病院で検査を受ける。

インフルエンザのように鼻に棒を入れて検査するタイプだったとのこと。

旦那さんが当日に結果が出ていたので、当日に結果が出ると思っていたが三日後に結果が出ると言われる。

奥さんの気持ち的には、当日に結果が出れば、みんな陰性なら夫にホテルに行ってもらった方がいいけれど、奥さんか子供が陽性になっていたらホテルに行く意味がない。

自分が陽性だろうが、子供が陽性だろうが、どっちにしても小さい子供はお世話をしないと生きていけない、、、ということは旦那さんだけホテルに行ったところで家事育児の妻の負担が増えただけになってしまうので、結果が出るまでホテルに行くのは待ってもらえないのかと聞くと、今この電話を切った段階でホテルには入れなくなる。

とのこと。陰性だったときのことを考えホテルに行ってもらうことにしたそうです。

 

聞いていて、保健所の方も忙しいのはわかるけど、この電話を切った段階でなんてなんだか冷たいなと思いました。

 

 

四日目

昼過ぎに保健所の方が用意してくれたらしいタクシーが迎えにきてくれて、旦那さんはホテル療養へ。

 

奥さんや子供たちも少し咳が出たりし始める。

 

5日目

家族の検査結果が出たと病院から一日早く電話がかかってきて、子供の1人が陽性。他の家族は陰性とのこと。

その後、保健所から電話が来て、これから毎日陽性の子供の熱や体調を聞きますと伝えられ、陽性の人が10日間は人に移す可能性があり、その最後の日に移されてしまったと仮定した場合、陰性の人は更にそこから2週間外出は控えるようにとこのこと。

旦那さんが陽性になった日から数えると陰性の人は4週間近くも家にいなくてはならない。

もう子供が陽性者ならば、うつらないように夫にホテルに行ってもらった意味はない。育児が大変なだけなので、車で迎えに行くのでホテルから返して欲しいと言うとそれはできない。とこのこと。

 

検査日から10日経ってホテル療養が終わった段階で旦那さんは療養終了となり、陽性者のいる家に帰ってきたとしても、そこから会社や買い物など、もう自由に動いていいとのこと。

陰性の人は4週間も閉じ込められるのに、陽性で治ったとみなされる人は陽性者がいる家に帰っても出歩いていいとのこと。

 

「陽性者がいる家に帰ってきてそこから外に行ってもいいんですか?」と保健所の人にきくと、「家族からだと同じウイルスと想定されるので、そこからさらに感染するのは考えにくいので、保健所からはもう外出しないでくださいとは言えない。」とのこと。

 

「子供は家の中で監禁なんてできないのできっと家族みんな陽性になると思いますし、もう咳や鼻水も出ていて移っているはずなので検査キッドを送ってください」と言っても、「症状がないとそういったことはしていない。熱はあるんですか?ぐったりしていますか?症状が無いならそういったことはしていない」と繰り返し言われたそうです。

 

陰性で4週間も閉じ込められるだけでもストレスがたまるのに、それを家庭に持ち込んだ人が誰よりも早く自由になれるなんて、なんだか自分たちが外出を自粛しているのが意味があるのだろうかと虚しくなっていたとその時の気持ちを伝えてくれました。

 

 

 

隔離のできない小さい子が陽性なのに、旦那さんは出歩いていいなんて聞いていてちょっとビックリしました。

だってコロナの菌が付いた鞄や服、ハンカチ、全部コロナ菌だらけなのにそれで、満員電車に乗っている人が、この家族だけじゃなくたくさんいると思うと、それでいいのかなと不安になりました。

 

そして咳やのどの痛み、鼻水は症状に入らないのでしょうか。。。(´・ω・`)

 

 

 

 

 

6日目、7日目はみんな軽く咳や鼻水はでるが熱はなく元気。

 

8日目

朝は体調は悪くなかったが、保健所から電話を切った後、奥さんが倦怠感と生理痛で起きられなくなる。それでも子供たちは元気で遊んでとまとわりついてくる。

ご飯やお風呂などのお世話もしなくてはならない。

この状態でも夫は返してもらえない。

もし今自分が死にそうになったら誰も救急車を呼べないから死んでしまうかもしれない。そうなれば子供たちはおむつも変えてもらえない、ご飯も食べられない。とてもかわいそうな状況になってしまうかもしれないと悪いことばかり考えてしまったそうです。

 

9日目

この日も妻の体調は悪かったが熱が無いので特に検査はしてもらえず、8日目と同じように不安なまま過ごす。

 

10日目

午後、旦那さんがホテルから電車で帰宅。

ホテルを出るときに陰性になるまで検査をするのか保健所に尋ねると検査はしないとのこと。

死んだウイルスの破片を拾って陽性になる可能性があるからしないのだそうです。

 この時には奥さんは頭痛が少しあったけれど、動けるようになっていたそうです。

 

 

 

 

個人的には検査して陰性になったら治ったとされるのかと認識していたので、私は勝手にビックリしました(;'∀')

そして一番しんどかった時に旦那さんがいないって、かなりつらかったし不安だっただろうなと思いました。

 

奥さんの体調は少し鼻水や咳が出る程度まで体調は戻る。子供たちは夜に少し咳が出る程度まで回復していたそうです。

 

11日目

旦那さんは会社に家に陽性者がいると伝え、出社の判断は会社に任せますが他の方にもし移ってしまった場合は責任取れませんので休んだ方がいいのでは?と相談したけれど、会社から出社するように言われ、出社したそうです。

 

奥さんが子供の大量のオムツが入った袋を捨てるとき、いつもかなりくさいのに、においがしないことに気づいたそうです。

そして陰性だった子供も「臭くない!」と言っていたそうで、これはコロナの症状であるとニュースで見た嗅覚異常なのでは!と思ったそうです。

「明日で陽性だった子供が10日目になる。そこから2週間すれば自由に外に出られるようになる。。。でも、もしまた誰かが陰性だったら更に10日と2週間伸びてしまう。。。このままだまっていればあと2週間で確実に自由になれる」と少し思ってしまったそうです。

でも今後、子供に嗅覚障害が残ってしまったり、もし自分たちの勝手な判断で外の出てしまってそれで誰かが死んでしまったら大変なことだと、次の日、保健所の人に相談することにしたそうです。

 

12日目

保健所の人に「今日で電話が最後です」と言われるが、昨日の夜から嗅覚異常があると伝えると、上司に相談すると言われ、、かかってきた電話では検査を受けるようにとのこと。

 

もう何日も前から咳や鼻水も出ていると伝えているのに、今更検査しても陰性なんじゃないかと思いましたが、指示に従い車で病院へ行って検査をしました。

結果は2日後とのこと。

 

 

13日目

夕方に病院から電話があり、残りの家族も全員陽性と言われる。

 奥さんは、息を鼻で吸うと、不快感があり、スーッとしすぎて鼻の奥が少し痛かったとのこと。

最初は鼻から吸う空気が冷たすぎて鼻が痛くなっているのかと思い布団をかぶりながら寝ていたいて、布団をかぶったり鼻を温めると不快感は無くなったそうです。

 

14日目

つい2日前くらいまで毎日、保健所の違う人から電話がかかってきていたので熱を測って伝えるだけかと思っていたそうですが、今回奥さん本人が陽性ということでたくさん質問をされたそうです。

いつから症状がありますか?と聞かれ、「え?毎日電話してきてましたよね?記録とかないんですか?」と聞いたら「今回初めて陽性になられたということでカルテを作成します」と返ってきて記録はないんだなと思ってもう2週間くらい前の話なんて普通は覚えていませんので、日記を見ながら大体で答えたそうです。日記をつけていなかったらかなり適当に答えなければいけないということですね(*_*)

 

旦那さんはつらい時に帰ってこれますか?

検査したきっかけはなんですか?

今の症状は?熱は?

アレルギー・普段飲んでる薬は・病気・妊娠・身長・体重・職業・家族の連絡先

など、、、

 

検査のきっかけって保健所に言われて検査したし、症状も毎日伝えていた、重複する部分が多くて何も伝わっていなかったのかと思うと虚しくなったそうです。

 

子供が陽性の時には言われなかったけど、レトルト食品2箱くらい自粛期間に応じて配送できる。指につけて酸素数をはかる機械を貸出もしているけど申請しますか?と聞かれたそうですが、療養期間が短いと貸してもらえないそうです。前から症状が出ていた人は保健所の会議で話し合って療養期間を決めて再度電話が来るそうです。

 


 


 

 

再度電話がきて、奥さんの場合、旦那さんが陽性となったときからのどが痛かったと伝えていたり、咳なども前から出ていたので、もう療養期間は終了しています。 と言われ、レトルトも酸素計測機器もなし。もう外に出ていいです。とのこと。

PCR検査を受けてまだ2日目、、、陽性でも、もう出ていいとのこと。

 

でも人に移すは怖いと思った奥様は自主的に2週間自粛したそうです。

 

15日目

鼻は痛いがかすかに臭いがわかるようになったそうです。

お子さんも嗅覚障害はなおったようです。

 

2週間後には子供のおむつのにおいもするようになったそうです。

 

 

 

 

 

コロナだと伝えたら

 会社や農耕接触者かもしれない人、お子さんたちが通っているところにはもちろんきちんと、コロナになりました。と伝えたそうです。その時、皆さん心配して、「むやみに人に言いすぎるといじめや誹謗中傷の対象になるので他の人には言わない方がいい」と複数の方から言われたそうです。

療養期間終了後に外で会う機会があったときに、気のせいか避けられたような気がしたこともあったそうです。

 

なので 子供が通っているところの知り合い程度の人に最近休んでたね、どうしたの?と聞かれた時に「ちょっと風邪っぽかったからこんな時期だし、一応長めに休みました。」言っておいた方がいいかもしれません。

 

 

症状まとめ

 旦那さん→熱37.5℃以上があり、倦怠感、咳など(ホテルにいるときも熱があったそうで、熱は続いていたそうです)

奥さん→徐々にのどの痛み、コロナだと意識すると息苦しいような気がしてきた、咳、鼻水、嗅覚障害、頭痛、倦怠感(頭痛や倦怠感は生理のせいか区別はつかない)

子供たち→鼻水、夜に少し咳、嗅覚障害

 

お子さんたちはとても元気だったそうで、ニュースでやっているように、子供は軽いのかもしれません。

奥さんがおっしゃっていましたが、臭いものがあったら臭いなと思うけど、においがしないなってゆうのは意識しないと気づきにくいとのことでしたので、意識しておこうと思いました。

 

隔離はこうすればよかったかも

・大人がコロナになったら杉浦太陽さんのようにホテルに行くまで車で過ごしてもらうのが一番隔離になるのではと思ったそうです。

 

必要だったもの

・体温計2本

旦那さんがホテルに行くときに体温計を持ってくるように言われて持っていってしまい、家に1つしか体温計が無かったので、あとから陽性が発覚した家族の熱を測れなくて困ったそうです。後日、知り合いに買ってきてもらって玄関の外に置いてもらったそうです。

なのでコロナになった時に誰かがホテルに行くことを考えたら体温計は2本常備していた方がいいかも知れません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【病院用】テルモ電子体温計C207腋下
価格:2700円(税込、送料無料) (2021/2/18時点)

楽天で購入

 

 

 

・除菌スプレー

もし家族の誰かがコロナになったとしたら、家の中を除菌しまくりたいですよね!

除去率も高い方がいいし、お子さんがいても安心して使えるものならもっといいかもしれませんね!


 

 

・使い捨てのゴム手袋

食事を運んだり、下げるときなど、感染した家族に接するときはゴム手袋をした方がいいですよね。


 

 

 

・ちゃんとしたマスク

家族が感染した時は布のマスクってウイルスカットできないって聞きますからちゃんとウイルスカット効果のある使い捨てマスクを家でも常につけていた方がいいですよね。


 

 

 ・長期保存できる食品など


 

 

 

あった方が良かったかもしれないもの

・空気清浄機

あれば更に安心かもしれません。この家族のおうちには無いそうです。

あったら他の家族は感染していなかったかもしれません。


 

 

・パルスオキシメーター

血中酸素を計ってくれるので、酸素がしっかり取り込めているか確認できます。